« ドールショウ34出展品解説・素体改造パーツその1 | Main | ドールショウ34出展品解説・1/6洋式(アップデート版) »

May 11, 2012

ドールショウ34出展品解説・素体改造パーツその2

次はトレフェス神戸以来の出展となるPN可動ジョイント。
初出時と基本的には同じですが、ノーマルパーツとの接続部の擦り合わせ等
改良を行って、こちらは当初の予定価格の1200円にしました。
(それでも手間を考えるとあまり割に合ってないけど)

以前fgに記事上げたんですが、リニューアルで見られなくなってる?ので
ここでおさらいを。

Dscn55080001
ノーマルとの比較。可動域確保の為に若干幅が広くなってます。

Dscn55090001
可動部は市販品のアソブロックジョイントを加工して使用。
ちゃんと金属軸を入れておかないと動かしているうちに折れます。
PNボディとの接続部分は6mmと8mmのABSパイプを組み込んで成型。
相手側のPVC素材の弾性を利用して接続するので、ウチで作った前述の
レジン製PNM上半身にはそのままでは使えません。

Dscn55110001
可動範囲はこんなところ。90度くらいですね。

Dscn55140001
ついでに同じくトレフェス神戸初出のPNSバストプラス。

…といっても内容的には前回の小サイズ(それでも割と大きい)と、それを更に削り込んだ
サイズの2個セットに変更しています。前回のアレは流石に大きすぎると思いまして(汗)。
Dscn55160001
ベース素体に違いによりSボディのみへの対応となります。

今回レジンの関係でホワイティ相当のしか持って行けなくてスイマセン。
2mmと3mmの丸棒が付属していますので、適当にお使い下さい(謎)。

で、ドールショウでも展示しましたけどこれらを両方使用したのがこちら。
Dscn55130001_1

|

« ドールショウ34出展品解説・素体改造パーツその1 | Main | ドールショウ34出展品解説・1/6洋式(アップデート版) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87472/54677674

Listed below are links to weblogs that reference ドールショウ34出展品解説・素体改造パーツその2:

« ドールショウ34出展品解説・素体改造パーツその1 | Main | ドールショウ34出展品解説・1/6洋式(アップデート版) »