« April 2012 | Main | June 2012 »

May 16, 2012

カラーコーンひと工夫

利休屋工房さん原型のカラーコーン、一応バーのパーツとしてABSパイプを
同梱していますが白いままでは素っ気なく、といって塗装するのも面倒という方も
おられると思うのでちょっと工夫を。
Dscn55760001
まぁ黒と黄色のビニールテープ巻くだけですけどねw
テープは1個48円で合わせても100円掛かりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2012

1/12お品書き

久し振りの通販受付に際して改めて各製品を御紹介。
(fgがリニューアルで古い記事がリンク切れしてますし)

・1/12 オフィスデスク
・1/12 オフィスチェア
Dscn42010001
ここしばらくウチのイベント卓でお馴染みですね。

ただ先日も書いたようにハセガワ1/12オフィスの机と椅子が発売予定に
なってますのでそろそろ潮時かな、と。
現在の在庫分で終わりにしようと思ってます。

・1/12 ベンチ
Dscn42050001
こちらもお馴染み。

Dscn55430001
今回は赤/白/水色の三色を用意しますので、注文の際は色を御指定下さい。

・1/12 教卓
Dscn50210001
こちらはウチがハセガワの教室机に合わせて作りました(笑)。

・1/12 カラーコーン
利休屋工房さんから出していたものを、何故だかウチで生産販売する事になったものですw
Dscn55420001
4mm径ABSパイプ(長さ約125mm)を同梱していますのでバリ取りして接着するだけで
画像のように仕上がります。

ここに紹介してる作例はカラーレジンそのままで、塗装はしていません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドールショウ34出展品解説・1/6スチールベッド(リニューアル版)

以前作ってたもののあまり売れなくなったのとシリコン型の寿命で絶版にしていた
1/6スチールベッド、一部から再販の要望があったので久し振りに改良を加えて出展しました。
ギリギリで3点のみ製作して持ち込みましたがほぼ瞬殺と予想以上(^^;)。
Dscn55690001

前後のフレーム部分は共通にして板ナットをインサート成型しています。
Dscn55450001

メインフレームはABS角棒を組んで金具で補強。
前後のパーツにはもちろんネジで固定。
Dscn55460001
マット部分は以前のものと同様、ベニヤ+角材をベースにウレタンマットとシーツ生地を
タッカーで留めてます。


ドルショでの販売価格はとりあえず以前と同じ3500円にしましたが、やっぱ相当に
手間が掛かりますので次回(ワンフェス)以降は4000円にさせて頂きます(汗)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2012

ドールショウ34出展品解説・1/6洋式(アップデート版)

皆様に大変御好評なw洋式ですが、これも実は最初に販売したものから
地味にアップデートを行っています。
去年秋の生産分から水タンク本体の原型を作り直しての軽量化と一部パーツ分割の変更、
そして今回はタンク上部の原型をiModelaで新規に製作しました。
Wc

そして同じく今回分より素材を通常の白レジンからピュアホワイトのレジンに変更。
「色を付けていない状態の白」ではなく「白く着色してある素材」ですので
より質感が高まります。
0013209

ただお値段のほうも1割以上お高いのですがw塗装する手間を出来るだけ
省く為でもありますので仕方ないですね。

…という訳で今回の販売品はこのような状態でした。
Dscn55180001
手洗いとレバーそれぞれの根元の分割を変えて塗り分けを不要にしています。
塗装はシルバーのみですが、全塗装したものにあまり見劣りはしないかと。
蓋の取り付け部分は未接着なので、改めて白で塗装したい方は外して行って下さい。

Dscn55190001
完成品はドルショに10点持ち込んで8点売れましたので、あと2点は通販可です。

キット版は受注生産で通販予定。価格は以上各種の理由によりまた若干アップして
3500円になりますので御了承下さい。


※キット版の画像追加。
Dscn55740001
前述した通りピュアホワイトレジン成型です。
穴開け加工は済ませていますので、ニッパーやヤスリでバリ処理して
シルバーで一部塗装すれば普通に見られる出来になります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 11, 2012

ドールショウ34出展品解説・素体改造パーツその2

次はトレフェス神戸以来の出展となるPN可動ジョイント。
初出時と基本的には同じですが、ノーマルパーツとの接続部の擦り合わせ等
改良を行って、こちらは当初の予定価格の1200円にしました。
(それでも手間を考えるとあまり割に合ってないけど)

以前fgに記事上げたんですが、リニューアルで見られなくなってる?ので
ここでおさらいを。

Dscn55080001
ノーマルとの比較。可動域確保の為に若干幅が広くなってます。

Dscn55090001
可動部は市販品のアソブロックジョイントを加工して使用。
ちゃんと金属軸を入れておかないと動かしているうちに折れます。
PNボディとの接続部分は6mmと8mmのABSパイプを組み込んで成型。
相手側のPVC素材の弾性を利用して接続するので、ウチで作った前述の
レジン製PNM上半身にはそのままでは使えません。

Dscn55110001
可動範囲はこんなところ。90度くらいですね。

Dscn55140001
ついでに同じくトレフェス神戸初出のPNSバストプラス。

…といっても内容的には前回の小サイズ(それでも割と大きい)と、それを更に削り込んだ
サイズの2個セットに変更しています。前回のアレは流石に大きすぎると思いまして(汗)。
Dscn55160001
ベース素体に違いによりSボディのみへの対応となります。

今回レジンの関係でホワイティ相当のしか持って行けなくてスイマセン。
2mmと3mmの丸棒が付属していますので、適当にお使い下さい(謎)。

で、ドールショウでも展示しましたけどこれらを両方使用したのがこちら。
Dscn55130001_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2012

ドールショウ34出展品解説・素体改造パーツその1

遅くなりましたが、ドールショウにて出店したアイテムの解説を始めます。
まずは「PNM上半身B」「同D」。

PN素体の弱点である腕の可動範囲の狭さを改善する為にオビツ27の腕パーツを
流用するのは以前製作したSBH-PNジョイントで行ってましたが、バスト部分ごと
オビツボディのパーツを使う為にPN衣装が着せられない事が多いので
胸の部分も含めてPNM準拠サイズで製作したのが本品です。
名称のB/Dはもちろん想定するカップサイズw
本当はノーマル形状準拠のAも用意していたのですが、レジンが足りなくなりそう
だったのでより独自性の強いBとDに絞らせてもらいました。
Dscn55060001
(左からノーマル、A(未発売)、B、D)

肩の穴は4mmドリルで開口しています。
オビツのパーツもロットによって微妙な寸法差があるようなので、もし緩いようでしたら
軸側にごく微量の瞬間接着剤を塗布して完全硬化後にご使用下さい。

首の接続部は別パーツ。通常はそのまま接着します。
加工技術をお持ちの型はボールジョイントや被覆ワイヤー等で動くようにすれば
首の表情も付けられます。

オビツ27腕はPNMの腕パーツより若干長いので、合わせたい場合は
手首と二の腕の継ぎ目でそれぞれ2mmずつ削るといいでしょう。

…で、それ自体はいいのですがシリコン型作って量産開始してから色々と不備に
気付いたという、ね。
チェックしていたつもり…なんですがザルチェックだったようで、量産段階に入ってから
微妙にラインが歪なのを見つけたり。
特にDタイプなぞは左右で大きさが1mmくらい違うという失態をやらかして(汗)。
Dscn55070001
その辺りを踏まえて今回は予定より安い500円で御提供した次第であります。


夏のワンフェスに向けて修正予定ではありますけど、現状のもので構わないと
いう方がいればドールショウと同じ価格で対応致します。(修正後は+100~200円)
通販開始は他のアイテムと同時に今週末予定。


で、最後にサービスカットw
Dscn55040001
この衣装にギリギリ入るサイズを…というコンセプトでDを製作したのですが
上記の通り締まらない結果に~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »